2016年はジブン手帳とともに 心ひかれた3つのポイント

今日から師走。
来年のこともいろいろ気になって気ぜわしいが、今回は早々に手帳の準備は終えている。ずっと気になっていた「ジブン手帳」を先月のうちに買い求めた。

f:id:michynote:20151201223006j:image

ネットで話題になっていて「次はこれ!」と思っていたが、自分にとっては特に心ひかれたのは次の3つのポイントだった。

1. 24時間のバーティカル表示

f:id:michynote:20151201225332j:image

個人的な来年の課題の一つに「良質の睡眠を取る」という項目がある。
もともと眠りが浅いのだが、春先や秋口など季節の変わり目には、2時間程寝ると途中で起きてしまい、そのままずっと3〜4時間寝られない、という事がよくある。
改善のためにまず記録を、と考えてこちらにした。あとは夏場は4時起きでいわゆる「朝活」をしているので、6時始まりのものでは役に立たない。
時間の流れはバーティカル表示の方が、自分は捉えやすいのでこれにした。

2. 別冊「LIFE」のコンテンツで自分棚卸しが楽しそう

ジブン手帳の特徴として、月次日次の普通の手帳とは別に、「LIFE」と題した別冊を組み合わせる事ができる。
これがまたライフプランやMy Newsなる自分年表などコンテンツが盛りだくさんなのだ。

f:id:michynote:20151201223143j:image

日本と世界のトラベルマップもあり、行った所、これから行きたい所を地図上に書き込める。あれこれ夢が膨らみそう。

様々なリストを上手く使えば、過去・現在・未来の自分が俯瞰できるかも。


3. デザインもいろいろと

自分は地元の東急ハンズで買い求めたのだが、表紙のバリエーションが結構豊富。サイズはもう一回り大きいものもあったが、やや重たく感じたのでこちらに。


使いこなしていろいろな発見ができるといいな。
今月から試運転してみよう。
そうしたらレビューしてみますね。