新年早々、断捨離の必要を感じた2016年

f:id:michynote:20160101224823j:image
怒涛の年末進行が終わって、穏やかな正月を迎えている。

そもそも正月はハレの日であり、何もせずにのんびりするのが本来の過ごし方だと聞く。
が、珍しく片付けスイッチが入りっぱなしになっていたのか、「とりあえず」で置いておいた紙袋や100均収納グッズの中を改めて整理してみた。

あな恐ろしや

買ってきてそのまま忘れ去られてた本だの文房具だのハンカチ等々の小物などが、発見されたのであった。

見渡せば、とにかくモノが多すぎて…
だから紛れてしまったのだろうか

よく「あなたの部屋の中の状態は、あなたの心の中の状態」というけれど…
そういえば、何が本当にやりたいことなのかとか、自分が本当に感じていることは何なのかとか、最近見えにくくなっている。いや、それさえやっと気付いたようなものだ。

心にゆとりがないのかな?
あ、決して物忘れがひどくなったわけではありません…たぶん。

とにかく物心共に断捨離!を今年のテーマにしよう。

余分なモノを捨てていけば、必要なモノや様々なことがらの本質が見えてくるはずだから。