2017新年度に際して。親としての一つの区切り。

f:id:michynote:20170401211823j:image

新年度入り初日は、真冬のような土曜日。例によってあっという間に今年も4分の1が終わってしまったのだが、この年度替りは私にとって大きな区切りになった。

 

f:id:michynote:20170401211413j:image
ちょうど一週間前、次女が大学を卒業した。請われて卒業式に出席したが、これで子供たちは2人とも社会人に。扶養される立場からも卒業となる。

 

 

f:id:michynote:20170401211622j:image

初めて来たのだが、さすがマンモス私大、キャンパス内にこんな場所が(授業料を4年間払ってきた身では、これ本当に必要なのかと複雑な気分w)

 

f:id:michynote:20170401211648j:image


ドトールなのに、店員さんが英語でしか話さないintermational cafe

 

当の本人は友人を見かけては「きゃー、〇〇ー♪」と駆け寄ってスマホで写真を撮りまくり、そこに彼氏も巻き込んで…
まあ、友人関係には本当に恵まれていたなー、と実感した。


無事に卒業式(学位授与式)も済み、レンタルの袴も返却して帰途につく。


親の立場は変わらないのだけど、一つ大きな責任を果たせた感じがする。まあ、子供本人の努力?もあるけれど。

 

人生の次のステージに、親子それぞれ足を踏み出して行くんだなあ…。