本郷綜海(ほんごうそみ)〜ステージに立つ巫女がもたらす不思議な力

 

f:id:michynote:20171019223306j:image

*写真は友人撮影です


昨日のライブから一夜明けて…
冷たい雨の朝、いつもよりは早目にバス停に向かう。
案の定、10分ほど遅れたバスに乗り込み、通常よりも混み合う中で目を閉じて駅へ着くのを待つ。

運良く座席に座っていたのだが、身体に不思議な感覚が宿っているのに気づいた。

 

職場に向かう雨の朝。睡眠時間は5時間半。渋滞でノロノロと走るバス。普段なら気持ちも身体も重く沈み込みそうになるのだけど、

後ろから何かに支えられているように、背筋がしゃんとしてくる。
地に足が着くような感じ…グラウンディングというのだろうか。

 

そういえば、昨夜のライブでゲストボーカリストの本郷綜海さんがステージに立ち、その歌声を放った時

 

まるで巫女のようだ、と感じた

 

主催の大塚あやこさんから「ヒーラーのヒーラー」と紹介された綜海さん。彼女のセッションを受けたとき「地に足がついた、グラウンディングができた」と思ったそうだ。

 

確かに豊かに響く低い声は、地球(ガイア)の歌声ともいう感がある。

 

今日もややハードな一日だったが、気持ちが萎えそうになるたびに、何かに支えられているような感覚を覚えた。

 

綜海さんの歌が、あるいはそのbeing(存在そのもの)がもたらした力なのか。

また機会があれば彼女の歌声の波動を感じて検証してみたい。