マルチタスクは難しい〜3・4月の振り返り

f:id:michynote:20190503000018j:image

年度末を走り、桜の開花に一喜一憂し、「平成最後の〜」から「あけまして令和」などとやっていたら、2019年も3分の1が経過したわけで。

ニュースも通常モードで「10連休は長すぎる」などという街の声を拾ったりしている。

 

さて、この2ヶ月はいつもの年とは違う。会社勤めに投じていた週5日×10時間を、自分の手に取り戻した。それで「さあ!思い切って自分の好きなことが出来る!」と意気揚々となるかと思っていたが…ちょっと違うのだ。

 

f:id:michynote:20190503001626j:image

 

3月はとにかく生活リズムを整えるのに精一杯だった。もともと春先は自律神経の関係か睡眠時間が乱れてしまうのだが、9時間寝た翌日は3時間とか、トータルで6時間寝てても2時間ハーフタイムのごとく、中途覚醒が起こってしまうとか…。ようやくこのところ6時間半で落ち着いてきたところに、「改元年越し」で後ろへ3時間ずれ込んでしまっている。

 

それとどうやら自分は同時並行で複数の事を行う「マルチタスク」が苦手らしい。「アレをやらなきゃ」の「アレ」がずーっと頭の中にこびりついてて、心に余裕が生まれない。「今ここ」に集中できないのである。目の前のことに集中していればいいのに、別のことを考える。

で、なんとかひとつ終わらせてようやく次のこと、となり、しかもその歩みは亀のごとく、なのだ。

まあよくこれで、「スピード感を持って!」が連呼されるあの会社にいたものだ。そういえば辞めた直後はまず疲労回復に勤めてたもんなぁ…。

 

生活リズムの建て直し→資格試験の勉強→ご褒美のファスティング旅行→生活環境の建て直し(断捨離)と、ゆっくりではあるが、テナントが替わって改装している店舗のごとく、一歩を進めている。

f:id:michynote:20190503002950j:image

で、次をそろそろ展開しないと。

だが今かなり断捨離に苦戦中なのだ。

なんでこんなにいろんなモノを取っておいてしまうのか…。

マインドセットを変えないとだなぁ。

「ときめきますか?」

「んーとりあえず取っときます」

これではアカンでしょ。