さよなら柏そごう!多くの市民が見届けた閉店セレモニー

 f:id:michynote:20160930212621j:image

 

2016年9月30日。

この日をもって柏そごうは43年の歴史に幕をおろす。

いつもは閑散としていたフロアもものすごい人出。これで最後か…と思うとつい足を運んでしまうのだろう。

 

紳士服のフロアでさえこの有り様。

f:id:michynote:20160930212637j:image

 

婦人雑貨のフロアはレジに長蛇の列

f:id:michynote:20160930212700j:image

 なじみ深いフロアを回って感慨にふける。子供服売り場では一時期ANGEL BLUEとかのブランドにはまったっけ。

あの頃は買い物そのものがレジャーみたいなものだったけど…。

 

閉店15分前に2階のペデストリアンデッキに通じる入り口に戻ったら、正面入口はすでに通れず…脇に誘導されて回るとこの人だかり。

 

f:id:michynote:20160930213114j:image

 

15分ほどして閉店セレモニーが始まる。1973年10月10日に「みどりの街にお城のような百貨店」というキャッチフレーズでオープンしたんだとか。

 

f:id:michynote:20160930214047j:image

 

人の頭越しにわずかにシャッターが閉まっていくのが見えた。

 

セレモニーの終わりの言葉とともに、シンボルの時計の電気がふっと消えた。

 

f:id:michynote:20160930213608j:image

 

正月の初売り以上の人だかり。

いろんな思いを口にして、胸に秘めて、家路についていく。

f:id:michynote:20160930213718j:image

 ひとつ、また時代が終わる。