紅白見ながら2017年を振り返る

f:id:michynote:20171231224106j:image

カレンダーの関係でいつもより1日多い年末休み。

でも突貫大掃除?を終えるだけで精一杯で、ちゃんとゆく年を振り返る余裕もない。

 

それでも大雑把に言ってしまうと

「螺旋階段を上ってまた同じ位置に来ている」ような感じだ。

確かに進んではいるのだろう。でも抱えてる課題や引っかかっていることは、依然として変わらないように感じる。

  

自分なりには新しいことをはじめたり、行動範囲も少しずつ広げているつもりだが、まだまだ身にはなっていない。

新しい年は、そうして手をつけたものをしっかりと形にしていきたい。

それと「受け取り上手」になれるように、と思っている。

 

抽象的なことばかりになってしまったけれど、元旦にお屠蘇が抜けた頃、手帳を見ながらゆく年くる年のレビューとデザインをしていこう。

 

 

 

秋休みの終わりに〜本当の自分に還る旅

f:id:michynote:20171125203041j:image

先週の金曜日から、会社の制度を利用して休暇を取っていた。

前半はワークショップへの参加も兼ねての関西方面への旅行、後半は早めの忘年会などで都内に繰り出していた。

今日は半日久しぶりにのんびりして、ちょっぴり休みを振り返る。

 

本当の自分ってもっとのんびりした人間なんじゃないか?

こうやって陽の当たる窓辺で、お気に入りの本を読んで、飽きたら空を見て…そんな人間だったんじゃないのか?

 

「ねばならない」ことは横に置いて、「やりたい」ことだけをやってきた休暇。素に還ったような感覚にしばし浸っていた。

 

個々の出会いや気づきはまた改めて。

 

写真は近所の公園の紅葉。

旅先の景色はもちろん素晴らしかったが、こんな身近でも秋は深まっていたのだ。

 

本郷綜海(ほんごうそみ)〜ステージに立つ巫女がもたらす不思議な力

 

f:id:michynote:20171019223306j:image

*写真は友人撮影です


昨日のライブから一夜明けて…
冷たい雨の朝、いつもよりは早目にバス停に向かう。
案の定、10分ほど遅れたバスに乗り込み、通常よりも混み合う中で目を閉じて駅へ着くのを待つ。

運良く座席に座っていたのだが、身体に不思議な感覚が宿っているのに気づいた。

 

職場に向かう雨の朝。睡眠時間は5時間半。渋滞でノロノロと走るバス。普段なら気持ちも身体も重く沈み込みそうになるのだけど、

後ろから何かに支えられているように、背筋がしゃんとしてくる。
地に足が着くような感じ…グラウンディングというのだろうか。

 

そういえば、昨夜のライブでゲストボーカリストの本郷綜海さんがステージに立ち、その歌声を放った時

 

まるで巫女のようだ、と感じた

 

主催の大塚あやこさんから「ヒーラーのヒーラー」と紹介された綜海さん。彼女のセッションを受けたとき「地に足がついた、グラウンディングができた」と思ったそうだ。

 

確かに豊かに響く低い声は、地球(ガイア)の歌声ともいう感がある。

 

今日もややハードな一日だったが、気持ちが萎えそうになるたびに、何かに支えられているような感覚を覚えた。

 

綜海さんの歌が、あるいはそのbeing(存在そのもの)がもたらした力なのか。

また機会があれば彼女の歌声の波動を感じて検証してみたい。

大塚あやことステキな仲間たち〜マルチなカルテットのライブに行ってきた

f:id:michynote:20171018224014j:image

 

 

平日にもかかわらず、移動時間1時間弱でこちらのライブに行って来ました。

https://todaysseaway.ttcbn.net/archives/9555

 

心理カウンセラーでもあり作曲家・ピアニストでもある大塚あやこさんが、これまたマルチな肩書きを持つボーカリストお二人をゲストに迎えてのトークライブ。

 

曲の合間のトークがなぜかカウンセリングぽくなるなど

 f:id:michynote:20171018224041j:image

 

ケガで療養中の本郷綜海さん、圧巻のステージ!豊かな声量が独特の波動を生み出している。

 

f:id:michynote:20171018224057j:image

 

 

「普通のジャズ」wことFly me to The Moonも安定のステージ

 f:id:michynote:20171018224114j:image

 

アンコールは浦ちゃん(桐谷健太)の「海の声」。会場も一緒に歌って。

 

f:id:michynote:20171018224138j:image

南青山MANDARAは大人の雰囲気のライブハウス。忙しい日常にふっと安らぎとつながる力をもらったステキな夜だった。

 

 

 

「一日にブログ7本書く」祭りへの月刊ブロガー?参加顛末記

f:id:michynote:20171009234008j:plain


昨日の夜からfacebookにて「ブログ一日7本書く日になりました」とあって。


うっかり参加してしまいましたが、いやー疲れました(^^;;


夕方6時くらいからはてなブログのアプリが不具合でログインできず、Safariからむりやり入って更新した次第。やはりネックはこういうところなんだなあと痛感。


あと書評を書くことができず。


ただ書くこと自体は楽しいので、もう少しITオンチを克服したらなんとかなるんだろうか。


来年はブログと向き合う時間も増やして、生活の中での優先順位も上がればいいのだが。


やはり名言

「質より量より更新頻度」

エニアグラムの大御所からお墨付き?をもらった話

f:id:michynote:20171009231011j:plain


エニアグラムという性格分析の手法がある。基本的な9つの性格の要素で、その人のタイプをはかるものだ。


仲間内で「やっぱりタイプ6だよねー」などと適当に使っていたが、講座の学びの中にもしばしば出てくるものなので、一度ちゃんと勉強しようと8月に講座に行ってきた。

タイトル写真の本の監修をされた方たちが講師…ご夫妻なんですね。


でひととおりワークや講義が終わったあと、講師のティムさんから講評?を頂いた時のこと。


私「やっぱりタイプ6ウイング7だと確信しました!」

ティムさん「あなたはタイプ6の可能性が非常に高いです。でもウイング7ではないと思いますよ」


え?


そうでなければ逆サイドの5…な訳がない。理性的で合理的…とは程遠いもの。


大御所様から「タイプ6ウイング6」俗に言う「ド6」のお墨付きを頂いた瞬間であった。