いのちというもの

f:id:michynote:20200112235224j:image

今年最初の満月の夜。

陽が沈んでまもなく、長女夫妻に女の子が産まれた。

私にとっては初孫。

新生児室のガラス越しではあるけれど、向こうのお母さんと、どちらに似てるのかしら、などと話しながら眺める。

 

母親のお腹はきゅうくつだったのか、

ときどき手足をゆっくりと伸ばしたりして….。

今生(こんじょう)にデビューだね

おめでとう。

 

 

 

2020年始動〜正月の過ごし方と新しい生活リズムについて

f:id:michynote:20200109235610j:image

(1月4日に初詣に行った麻布十番稲荷)


正月休みが明け、最初の一週間が始動した。
今回はカレンダーの並びが良く、9連休という人も。例年なら年末は30日までフルに仕事、月曜日から仕事始め(東証大発会ですな)なのだが、4月からフリーとなったので、その縛りとはもう無縁。


にもかかわらず


年末は30日まで大掃除にバタバタし、結局予定が終わらず、年神様もUターンするであろう惨状…。張り切って作業しても1時間で腰痛発生してアウト、を繰り返す有り様。31日は諦めて美容院と買い出しに行った。


で、正月三が日は、
1日…おせちを食べお酒飲みながら、テレビで実業団駅伝を見て、かつて箱根路を走った選手達の今を確認。途中でマンション下の集合ポストに年賀状取りに行き、返事を書いて、午後投函。
2日…地元の神社に初詣。ついでに初売りのぞいて実家へ。車の中ではもちろん箱根駅伝(うっかりテレビつけると見入ってしまい出遅れる)
3日…年次レビューを、逆算手帳の「1 Year goal」のページのAchievement(達成項目)を書き込みながら終わらせる。もちろん箱根駅伝往路を見ながら(笑)
そのあとは陽のあるうちに、やり残した障子の張り替え。


ずっと他人様が走っているのを見ている感じもする(笑)
でも待てよ。

年末ギリギリまで働いていた会社員時代ならいざ知らず、フリーになった今、同じような過ごし方で良いものか⁇
さすがに元旦は、結婚当初義父から「元旦はバタバタしてはいけない。洗濯も年内に済ませて、表に干してはいけない」と、やんわりだがはっきりと言われたので、完全休業しているのだが….。


海外は2日から動いているし、実家新年会も、次女が正月返上で販売の仕事に就いているため、今年は6日になった。


まだまだ会社員時代の習慣が残っているなぁ…フリーランスとしての時間の使い方に、慣れていない。
計画的にタスクをこなして、仕事を充実させて、今年の年末にはゆったりとして新年を迎えたい。
とりあえずまた旧暦を採用して、春分までに残タスクをやり切ろう。

 

 

ウイッシュリストで2019年をレビューする

f:id:michynote:20200106120947j:image

(12月に訪れた島根の海)


…ええ、すでに仕事始めで正月気分も吹っ飛んでますけどね(笑)


順番としては、ちゃんと振り返りしておきたい性分で。
7月、上半期まではこちら。

http://www.mi77.jp/entry/2019/07/31/094923


さてそれからどうなったかというと


結局、8〜12月でさらに8項目を達成、ウイッシュリスト150項目中、計24項目が実現した。率にすると24÷150=16%…果たしてこれが多いのか少ないのか…。


とはいえ前年の倍である。やはり時間的自由は何者にも代え難いように思う。
ちなみに数字はリスト番号である。思いつくまま書いているので、特に優先順位とは関係ない。


14.  LPLのセラピスト認定試験を受けるか考える(→結局受けることに決めた)
16.サトケンさんの冬至のワークショップに参加する
 24.ペンケースを買う
 59.しょーごまんの鎌倉自主トレに参加する(実際には映画鑑賞会) 
 73.クリスマスリースを自分で作る
 87.箱根の温泉旅館に母の誕生祝で一泊する(実際には本人の希望で伊豆へ)
 97.出雲大社に行く
みきさんのアフリカ旅行セミナーに参加する


こうして振り返ると、今まで行きたかったけれど、平日は仕事で無理、と諦めていたものに時間の許すかぎり出かけた感がある。やっぱり会社員辞めたことは大きいなぁ…としみじみ。


旅も、
4月:草津へファスティング
6月:長女結婚式でタイのプーケット島
7月:京都へワークショップ
8月:三島へ自主トレ
11月:伊豆家族旅行
12月:出雲大社へ/湯河原ワークショップ


と海外も含めてそこそこ出かけている。
どれも1泊〜3泊の日程だったので、今年はもう少しゆったりした日程を組んで、出掛けられるといいけどなぁ…

 


ちなみにリストにしていない他の分野では、


♦︎読書…42冊読了。そんなに多くはないが、LPL講座の課題図書を中心にレポートを書くなどして、深く読み込めたと感じている。その中で一冊あげるとしたら、やはり課題図書だった『悟りのシンクロニシティ』(リーラ・ラブガーデン他著  ヒカルランド)だろうか。タイトルだけ見るとアヤシイ感じもするが、「自分の中心につながる」とはどういうことか、わかりやすく書いてある。とはいえ、講座では最受講生の課題図書になっていることから、初めて精神世界の分野に触れる人にとっては、理解しづらいところもあるかも。


♦︎映画…樹木希林出演作中心に7本。最初テレビで見た時は「イロモノ女優」かと思っていたが(なにせテレビ「寺内貫太郎一家」でのお婆さん役だったので)、味のある女優さんだなあと思う。
どれも良かったけど、もう一度観るなら「日々是好日」だろうか。
番外編で「翔んで埼玉」チバラギも出てきます…内輪ウケだが笑える。


♦︎美術展等…なぜか立体中心に5回。正倉院展も良かったけど、圧巻は「塩田千春展」六本木ヒルズの高層から見える背景をうまく使った展示も見事。

f:id:michynote:20200106121138j:image
番外編は島根の足立美術館。日本一の庭園が素晴らしかった。

f:id:michynote:20200106121207j:image

 

 


反省点としては、上半期レビューで


“ こうしてみると、遊びの方が優先されて、他の面では進捗が遅れている感じも…。健康(ダイエット他)・新しいビジネス(なりわい)の構築・断捨離というあたり、そろそろ下半期で巻き返しを計らねば。”


とあるにもかかわらず、巻き返せずに終わってしまったこと。
ダイエット(あと5キロ痩せる!)・ビジネス構築(フリーのFPかつファイナンシャルセラピストとして活動します)、そして断捨離の分野が新年の重点項目だなあ。


さてさて、新しい令和2年をしっかりとデザインしていこう。

 

☆モニターセッション実施中☆

♦︎ファイナンシャル・セッション

90分1000円(まもなくモニター価格終了いたします)

CFPと証券会社での四半世紀の経験を生かし、お金の悩み・ライフプランについてご相談承ります。

♦︎LPL式セッション

90分、500円からの投げ銭制でモニター受付中。

テーマは何でも大丈夫です。

 


 

大いなる愛の人に捧ぐ〜「生き切る」ということ

f:id:michynote:20191231061838j:image


大晦日…今日で今年も終わる。
カレンダーを掛け替えて、手帳を買い替えて、私達は新しい日を生きる。


そう、今生に生きる者は。


12月上旬に友人が急逝した。病院に緊急搬送されて4日後のことだった。
その1ヶ月前には、LPL講座の講師として、最終講で私達のグループのリーダーとして、いつも通りの笑顔で活き活きと宿泊研修をこなしていたのに。


信じられない

 


彼女も出席予定だったマスターコースは、通夜・告別式と重なった。予定を変更して、講座参加者は告別式に参加し、最後のお別れをしてきた。


そこでご家族の言葉からわかったこと
彼女は「生き切った」のだ


元々持病があったこと、生き長らえる代わりに活動に制限が生じる治療をあえて選択しなかったと伺った。
自分の魂の声に従って、みずからを純粋に生き切ったのだ。


彼女について様々な人達が語っていた。
共通するのは、暖かく大きな愛。


関わった一人ひとりに、大きな大きな愛を降り注いでくれたひと
自分の深いところで決断し、「生き切る」ことを自らの生き様で示してくれたひと


弔辞で息子さんも述べていたが
まさに「あっぱれ」な人生だった


私もその熱いくらいの愛を感じていた
身体が辛かっただろうに、一言もそれは口にしないで、こちらをとっても気にかけてくれていたよね
ありがとう ありがとう
本当に感謝しています


ただそう思う一方で
まだ話したいことがあったのに
一緒にこんな事できたらって互いに思っていたこともあったのに

早いよ  早過ぎるよ
と、痛みと共に心が揺れる自分もいる

 


告別式から戻り、ハコミセラピー講座の最終セッションのクライアントに、主催の岡部明美さん(あけみちゃん)が私を指名した。
途中で、あけみちゃん自らカウンセラー役を受講生から引き継いで、セッションをしてくださったことで、当初の荒れた嵐の海を航海するような感覚はおさまり、自分の中心に戻ってこれるようにはなったのだが…


言葉を紡ごうとすると
まだ心は大きく揺れる
とってもとっても深いところに、彼女の存在が刺さっている


以前の自分なら、そんな心の揺れを無き者にしてフタをして、日常の暮らしに戻っていったことだろう。
でも2年間の心の学びを経て、そんな自分も受容し、揺れは揺れるまま抱えていくことを今は選んだ。


この一年、彼女はその学びの場で一緒に見守ってくれ、叱咤激励してくれ、喜んでくれていたよね…大きな愛で。


「みっちゃん、今飛び込まないでどうするの!」
1年前のマスターコース・ジャーニーワークの講座で、同じグループになった時、彼女が私にかけた言葉から、本当の自己探求が始まった。


思い出と痛みと共に、年を越そう。
貴女を感じながら、新しい日々をまた生きていくよ。

 

 

 

 

 

 

 


 

再び一つの学びを終えて〜 LPL講座第13期修了

f:id:michynote:20191130174725j:image

11月10日、7ヶ月に渡る LPL(ラビング・プレゼンス・リーダーシップ)講座が修了した。
主催の岡部明美さん(受講生は敬意を持って「あけみちゃん」と呼ぶ)が生死の境を彷徨う壮絶な体験を経たのち、何十年と学んできた心理学を中心とした事柄を体系化した講座である。


最終稿は2泊3日で、勝浦ブルーベリーヒルに泊まった。
文字通り丘の上のロケーションで絶景。


昨年に引き続きの受講となった今回は、時間的な余裕もあったため、自主トレーニングのセッションも規定数の5倍を数えることができた。思い返すと一つ一つがかけがえのない体験だった。関わってくださった全ての方にお礼を言いたい。どうもありがとう。


振り返ってみると、これは「魂の学び」であったかと思う。集大成とも言える各人のプレゼンテーションからは、その人の魂の質が感じられた。


冒険する魂
挑戦する魂
探究する魂
…などなど…


翻って自分の魂の質はなんだろうと考える。

f:id:michynote:20191130174805j:image


終わって10日あまりぼーっとしていた。季節的な要因もあるだろうが、毎日7時間以上寝ていた。


ようやく再起動。
そしてここからまた始まろうとしている。

 


【モニターセッション募集中】

 1.LPL式カウンセリング、モニタークライアント(定員6→12/24現在残2名)
  2.ファイナンシャル・セラピー、モニタークライアント
1.は LPL認定セラピスト試験を受験するために、モニターセッション実施が必要となりました。規定により LPL講座受講生と岡部明美さん主催ワークショップに参加された方は、クライアントからは除きます。あしからず。
2.はお金に関するご相談です。当方CFP(ファイナンシャル・プランナーの上級資格)を持っております。
どなたでも大丈夫です。


両方とも一回90分を目安とします。
場所は、港区麻布十番サロンまたは千葉県松戸市を予定しておりますが、首都圏でしたらご相談くださいませ。
オンラインも可能です。


料金はモニター期間中につき
1.は500円〜からの「投げ銭」制度
2.は一回につき1000円です。

 


 

「私には居場所がない」についての考察

f:id:michynote:20190831134351j:image

ここひと月で、同じフレーズを何回も聴いた


「私には居場所がない」


具体的には


実家にも今の家庭にも


とか


所属しているコミュニティや学びのグループ


とか


様々ではあるけれど


どうも自分にはあまりそこは問題にならない…なぜだろう?


今いる場所で違和感を感じているなら

その原因を突き止めて改善するか

あるいは自ら去るか

選択は自由


というのもあるけれど


一番しっくりくるのは


自分の中に確固とした自分の居場所を持つ


そうすれば外界の環境がいかように変わろうとも


ブレない
ただ自己の中の確固たるものに還るだけ


などとつらつら思いつつ


行く夏を見送っている

ウイッシュリストで2019年上半期をレビューする

f:id:michynote:20190731094350j:image


…ええ、一ヶ月遅れてしまいましたがね(笑)


   年頭にウイッシュリスト=やりたいことリストを作成し、最終的には150項目となった。使い始めてから今年で3年目になる『逆算手帳』に、それを書くページがあるので利用している。そこには「やりたいこと・欲しいもの・行きたいところ・こうありたいと思うことを書いてみましょう」とある。


    今日で7月も終わり。いったいどれくらい叶ったのかを、振り返ってみた。
ちなみに、文頭の数字はリスト番号である。思いつくまま書いているので、特に優先順位とは関係ない。


1.2019年3月末をもって円満退社する

5.証券アナリスト一次試験に合格する
9.レゾナンス・リーディングの手法を身につける
10.気学を学び基礎を身につける
13.LPL(注:ラビング・プレゼンス・リーダーシップ講座)受講生として主体的に学ぶ
23.お揃いの長財布と名刺入れを買う
28.春・秋用の靴を2足買う
41.ベランダ園芸で朝顔を行燈仕立てにする
42.クレジットカードを作る
48.歯を治す
54.まごめじゅんちゃんの分子栄養学セミナーを受ける
55.金山明美ちゃんに麻布十番で施術してもらう
57.はるちゃんのヨガクラスに参加する
83.金丸文化農園にさくらんぼ狩りに行く
91.草津にファスティングに行く 
144.年に6回映画を見る


以上16項目。昨年は1年終わって11項目だから、2倍のペース?とも言えるだろうか。やはり3月に会社を辞めたことが大きい。時間的にはもちろんのこと、精神的にも大きなゆとりができた。

   54、55、57、83は友人達のセミナーやワークショップ、イベントなど。気にはなっていたがなかなか行かれなかったものへ、足を運べて嬉しい。


それと当初の予定になかったのに、大きな出来事としては、6月に長女の結婚式でタイのプーケット島へ行ったこと。本人が全部段取りして、こちらはパスポート取って乗っかっただけ。親族でのこじんまりした式だったが、良い思い出になった。

 

f:id:michynote:20190731094852j:image


こうしてみると、遊びの方が優先されて、他の面では進捗が遅れている感じも…。健康(ダイエット他)・新しいビジネス(なりわい)の構築・断捨離というあたり、そろそろ下半期で巻き返しを計らねば。


とはいえ梅雨明けから一気に暑い。
とりあえず、夏の間は涼しい部屋で戦略を練ることとしましょうか。